認知症の発見!認知症と診断されても家族はあわてない

最もショックなのは本人!

親や配偶者が認知症だと診断されたら、だれでもショックを受けるでしょう。しかし、最もショックなのは本人であるということを理解するべきですね。よく、認知症の人は何も考えられなくなると思われがちですが、それは違うんですよね。特に軽度の場合、新しい記憶が残りづらくなったり、思考能力が低下するだけで、過去の記憶や感情、意思は明確にあるんですね。本人も不安を抱えて受診しているのですから、家族が嘆き悩んでばかりでは、本人をもっと不安にさせるだけですよ。

家族が受け入れることが大切!

認知症は、原因となる病気によって違いますが、損傷した脳は回復する可能性の少ない進行性の症状なんですよね。本人の体力があるうちは問題行動などをひんぱんに起こし、介護の難しい状態が続きますね。だからこそ、まず家族が受け入れることが大切ですよ。長く続くであろう介護生活を、介護者と要介護者が、より快適に負担を少なく過ごしていくには何を準備し何に考慮したらよいか、症状が進行する前に家族で話し合っておくことで、介護に対する心の準備が次第にできていくでしょう。

本人にどう伝えるか?

認知症の診断結果を本人に話すときにも、配慮が必要ですよ。告知には、本人が積極的に治療に取り組んだり、介護生活を受け入れることで、穏やかな日々を過ごすことができるというメリットがありますよね。とはいえ、いざ認知症と診断されれば、相当ショックを受けることは間違いありません。「早く治療を開始すれば、薬の効き目も高いから」と、希望がもてる話し方が望ましいでしょう。また、高齢で認知症について正しい理解が得られそうにない場合、「もの忘れが多いから治療をしましょう」という程度に留めておくのも一つの方法ですね。

介護の求人専門の求人情報サイトで使いやすいのはカイゴジョブです。介護の資格を持っていなくても就ける仕事が沢山載っています。