長続きするアルバイトを見つけるための面接のポイント!

希望をしっかりと伝えておきましょう!

バイトをするのはお金が必要だからですよね?手軽に始められる飲食店などだと採用になっても必要な額が稼げるだけシフトに入れてもらえないということも稀にあります。面接をするときには必ず自分が1ヶ月でどれくらい稼ぎたいと考えているかを理由も含めてしっかりと伝えましょう。お金の話を伝えづらい人であれば履歴書の備考欄などに週3日以上、月5万円以上の収入が希望と記載しましょう。事前に伝えておけばシフト作成時に考慮されたりすることもありますし、大幅な早上がりやシフトカットなどを防ぐことができます。

アルバイトでも自分のやりたい仕事を明確に!

アルバイトでも選ぶ上ではそのお店で働きたい理由が時給や立地以外にもなにかしらあると思います。将来的なことを見据えてアルバイトを選んでいるならばできる限り経験をつんでおきたいですよね。そんな時は面接時に自分が覚えたいことややってみたい事を伝えましょう。将来調理の仕事に就きたいので厨房で仕込みを勉強したいだったり営業をやりたいのでお客さんと話せる仕事がしたいなどの自分がお金以外で働きたい理由を伝えておくと印象がよく採用されやすいです。

働く上で欠かせない人間関係もしっかりと確認!

長期的に腰を据えることになる職場なので人間関係が良くないと働きたくないですよね?勿論面接で人間関係どうですか?と聞いてものすごく悪いですと答える場所はないでしょう。そこでポイントは働いている人の年齢を聞いておくことです。やはり自分が働く時間帯に同年代の人がいると相談しやすいですしね。しかし同年代ばっかりだと逆に派閥ができていたりすることもあるので、同年代がいるが年齢層が比較的幅広いのが一番働きやすい職場ですよ。

住み込みの求人では、仕事を辞めたら部屋を出なければなりません。病気などで働けなくなった時のことも考えて、仕事を辞めた後の退寮の手続きについてはあらかじめ聞いておきましょう。