知っているようで知らなかった!~『保育士』の資格について~

保育園の先生と幼稚園の先生の違いって?

子どもが大好きだから、保育園か幼稚園の先生になりたい!と漠然と考えているかたは少なくないと思います。保育士というと「保育園の先生」として働く姿を想像し、幼稚園の先生と混同されがちなのですが。『保育園の先生』と『幼稚園の先生』、この2つの資格、実は全く別のものなのです。幼稚園の先生は文部科学省管轄の教員免許なのに対し、保育士は厚生労働省が管轄する国家資格。保育士は幼稚園の先生にはなれないし、幼稚園教諭の資格で保育園で働くことはできないのです。もちろん両方の資格を有していれば、どちらで働くことも可能です。

保育士は、様々な児童福祉施設で活躍できる!

『幼稚園教諭』が文部科学省管轄の学校である幼稚園で勤務するのに対し、『保育士』は厚生労働省管轄の福祉従事者。そして国家資格であるため、活躍の場が多いのがとても大きなメリットです。保育士は保育園だけでなく、乳児院や児童養護施設、児童相談所の一時保護所や母子生活支援施設など、他にも様々ある児童福祉施設で働くことができ、その需要は年々高くなっています。子どもが好きなことに加えて、福祉の仕事にも興味があるならば、ぜひ保育士の資格をとると良いでしょう。

保育士の資格を取得するには?

保育士になるには、『毎年1回行われる保育士試験に合格する』か、『厚生労働大臣指定の保育士養成学校「大学・短大・専門学校」に入学し、所定の単位を取得して卒業する』必要があります。保育士試験を受けるためには受験資格が設けられていますので、全国保育士養成協議会のホームページ等で確認してみましょう。中卒や高卒の方でも年齢や実務経験年数によって受験できる可能性がありますし、大学等で所定の単位を修得していれば受験資格があります(中退者も可)。このように、保育士は幼稚園教諭に比べて資格が取得しやすいうえ、活躍の場が広いのがとても魅力です。ぜひ、あなたの資質を生かす道への第一歩として、保育士を目指してみませんか?

保育士の求人なら東京で探す方法がおすすめです。たくさんの求人が見受けられますから、希望の所在地や応募条件を明らかにして探しましょう。