丁寧に描かれた眉と、ツヤと赤みのある口紅が好印象を

ポイントをしっかり決める

顔を変えるだけがメイクではありません。キレイ、何か感じがいいと出会った人に思ってもらうための手段でもあるのです。だからメイクで好感度をアップさせたいと思うなら、まず試すべきは眉です。最近、ふんわり太めのもはやっていますが、きちんと見せたい時には眉をキレイに描いてみましょう。顔の中でいちばん表情を司るパーツなので、眉がいい感じに仕上がると、それだけで信頼度がアップ、ポイントを決めることで印象は変わるんです。

出会った人に好印象を

でも眉を描くのが苦手で、という方も多いはず。そんな人は、少しずつ描くのがおすすめです。ちょっと描いてはぼかし、描いてはぼかしなら、失敗しても綿棒や指で落とせます。こうすることでナチュラルなのにきちんと見えるメイクに仕上がります。そして次に意識すべきは健康的に見えるパーツを血色よく仕上げることです。唇や頬に肌なじみのいいピンクなどで赤ツヤを加えイキイキと仕上げるのがコツです。信頼感ときちんと感をもたらす好感度メイクをぜひ覚えましょう。

ナチュラルなのにきちんと見える

「パウダーアイブロウで、しっかりめの眉に」ナチュラルな存在感のある眉に仕上げたいので、眉頭と毛がまばらな部分には、パウダーアイブロウで色を足します。「眉下をエッジをいれ、眉の形を決める」眉全体を描き込むのではなく、下のエッジに毛を一本ずつ描き加えては、スクリューブラシでぼかすを繰り返すと、自然で適度な太さの眉に。「口紅はスティックで直塗り唇になじませ、ツヤ感UP」口紅は色選びが肝心です。色をのせるというより、唇のそのものの赤みが増すような自然な色を選びます。スティックのまま直塗りして、赤みとツヤをプラスします。ツヤと赤みがあることで、とてもいい印象を生み出すんです。

ヘアメイク派遣というのは、指定した場所にプロのヘアメイクアーティストを呼べるため、様々なシーンにおいて役立ちます。